にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年12月07日

カジノがあるからギャンブル依存症になるわけではない。

カジノ法案が衆議院を通過し、いよいよ日本にもカジノが設立される可能性が高まった。私は今回のカジノ法案の国会審議の在り方には疑問を感じているが、日本にカジノを設立することに関してはどちらでもいいと考えている。

カジノ反対意見の主流を占めているのが、カジノができるとギャンブル依存者が増加するというものである。

しかし、これはあたらないと考えている。ギャンブル依存症になる者は既にパチンコや競馬等で既にギャンブル依存者となっており、カジノという選択肢が増えたからといってギャンブル依存者が急増するとは考えにくい。

外国のカジノの例でもわかるが、カジノは比較的敷居が高く、貧乏人が誰でも簡単に入場できるところではない。

日本にカジノができたとしてもパチンコより簡単に入れる場所になる可能性は少ないだろう。パチンコや競馬等を自由化しながら、カジノだけを禁じるのは合理性が無い。

私は最近良く多用される自己責任という言葉は好きではないが、ギャンブル依存症になるか否かは個人の問題であり、一部の者がギャンブル委依存症になるからといってカジノを認めないのは過保護である。

日本の行政は過保護と責任回避から成り立っており、少しでもリスクがあり、そのリスクの責任が自分やその属する組織にかかるとなると、過度に規制をする傾向にあるが、これが日本社会から活気と先進性を失わせる原因となっている。





はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444673858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック