にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年10月12日

年金給付を抑える年金改革は経済を悪化させ結果的に財政悪化を招くだけ

政府は11日、将来世代の年金水準を確保するため、

高齢者への給付抑制を強化することを柱とした年金

制度改革関連法案を閣議決定した。


物価や賃金の伸びよりも年金給付を低く抑える「マク

ロ経済スライド」はデフレ下で適用されないが、30年

度からデフレ下で見送った分を翌年度以降に繰り越

し、景気が回復した局面でまとめて給付抑制する。


将来世代の年金水準を確保するという名目だが、こ

れを継続すると、将来世代にとっては年金は老後の

生活を維持するという本来の役割を果たせない程低

額になってしまう。

正に本末転倒である。

そもそも年金財源の不足は人口構造の歪みに起因す

るものであり、このような小手先の対策で解消できるも

のではない。

また、このような政策で老後の年金を不安定にする

ことは高齢者だけでなく、中年や若年層にも老後の

不安を煽り消費支出を抑えることになる。

アベノミクスが賃上げに成功したにもかかわらず、個

人消費の増加に繋がらず、景気浮上や物価上昇に成

功しなかったのは、一つは現代日本では賃上げとは無

縁な年金生活者や非正規労働者の消費比率が高いか

らであり、もう一つは老後不安に備え消費が抑えられて

いるからである。

今回の改正が実施されれば、将来の年金減少は確実

なものになり、将来に対する不安がますます助長され、

より多くを老後資金として貯蓄することになり必然的に

個人消費は減少する。



その結果、ますます景気は悪化し税収は伸び悩み、む

しろ年金財政も悪化することになる。

はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442751297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック