にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年09月12日

日本は外貨準備としての米国債を減らし、金を自国に取り戻すべし

我が国の外貨準備高は2015年時点で1兆2330億
ドルに達し、中国に次いで世界2位である。

しかし、その大部分は米国国債での保有である。実は
米国国債での外貨準備に偏っていることは大きなリ
クを抱えていることが見逃されている。

アメリカには、国際緊急経済権限法(IEEPA法)と
うものがある。これは、安全保障や経済などの面
でアメリカに対して重大な脅威を与える対象に金融
制裁を科すというもので、議会の承認なしに大統領
令で対象者の保有するアメリカ国債を無効にするこ
ともできる。

また、日本は外貨準備の金を自国で保有せずほぼ
全部ニューヨーク連邦準備銀行の地下とフォートノック
スに保管されている。

日本はアメリカの意向に反し、アメリカ大統領から敵
性国家とみなされれば、外貨準備のほとんどを凍結
され、一気に外貨準備を失うことになる。。

アメリカ社会は不安定さを増しており、今後どんな大
統領が就任するか予想もつかない。

日本の貴重な資産である外貨準備をどんな人物が就
任するかもわからないアメリカ大統領一人に委ねるの
はあまりにもリスクが大きいと言えよう。




はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441857480
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック