にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年08月19日

北方領土は返還を望むより、対中国戦略の一環としてロシアに譲った方が利用価値は大きい。

 外務省は18日、日露間で北方領土問題について
協議する平和条約締結交渉を26日にモスクワで開
催すると発表した。

この競技でロシアが北方4島を返還する可能性は低
い。仮にロシアが2島でも変換する気になったとしても
それにより日本側がロシアに支払う対価は島の価値を
大きく上回る。

そもそも日本側は、元々日本領土であったものを不当に
奪われた、ことへの恨みを除けば何の為に北方4島の
返還を望むのだろうか。

日本には離島はたくさんあるが、その大部分は開発が
不十分であり、人口が減少し衰退している。

現実問題として、人口減少、特に地方での人口減少問
題が深刻な日本が新たに辺鄙な離島を手に入れる経
済的な利益は何もない。

また、既に多くのロシア人が北方4島に住んでいるが、
日本に返還されたからといって、彼らを無条件に排除
することはできず、国内に彼らを抱えれば新たな問題
を生じることになる。

得られるものは北方4島海域の漁業権ぐらいであるが、
4島返還のコストに見合うものではない。

有効利用もできない4島返還に多額の資金を使えなら、
現在衰退しつつある離島開発に金を使うべきである。

また、対ロシア外交としては、4島返還をめぐって対立
するのて゛はなく、4島はロシアの支配を認め、対中国
カードとしてロシアを活用する方向で考えるべきである。




はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外交・軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441166357
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック