にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年08月16日

ソフトバンクが売上520億円のアームには3兆3千億円だせても、売上2兆4千億円のシャープには4千億円もだせないという日本企業の現実

台湾の鴻海精密工業がようやく3888億円を出資し

シャープ買収の手続きが12日に完了した。


買収が決定してから1000億円減額されたことになる。


一方でソフトバンクは売上が520億円にすぎないイギ

リス企業のアームを3兆3千億円で買収した。


売上2兆4千億円のシャープの9倍近い価格である。

ソフトバンクならシャープぐらい簡単に買収できるのに

と考えてしまった。


しかし、孫氏にとってシャープは4千億円も出して買う

価値はなく、アームはその9倍でも買う価値があった

だろう。


これが日本企業の現実である。


特許の取得数だけ見れば、我が国は世界一の特許

国である。


しかし、特許数は多くても、その特許を事業化し世界

をリードするような事業に育てるという点では日本企

業の現状はさびしい。


取得した特許の多くは事業化されず企業の中で埋も

れている。これは日本のサラリーマン経営者がリスク

をとれないからである。


誰が見ても有望な分野には資金を投入できても、結

果のわからない新しい事業には投資できない。


その結果、日本企業の多くは、欧米のどこかがやって

る事業を多少便利に高品質にしているものにすぎな

い。


これでは、多額の資金を投入してまで買う価値はない。


今、日本の大企業の中でどれだけの企業が買収するに

値するか、大企業の経営者は自らを見直すべきである。








はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441082408
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック