にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年07月25日

政治家小池、官僚増田、タレント鳥越の勝負なら小池が勝つべきだろう

いよいよ、東京都知事選挙まで1週間を残すだけ
である。

誰が勝つかは東京だけでなく地方でも注目を集めてい
る。

今回の有力候補者はその対比が明確であり面白い。

小池候補はその立候補の過程から政治家そのもの
対応である。舛添の退陣をチャンスと捉え、都知
事への立候補を決定した。しかし、自民党都連が自
分を推薦しないと見るや、直ちに立候補を表明し裏
工作による圧力を受ける前に既成事実をつくってし
まった。
さらに、自民党除名のリスクを冒しても自分の意思を
貫く行動は政治家そのものである。

一方増田氏は対照的である。自らは立候補の意思を
さず、自民党からの要請を受けた後も、区長会や市
村長会の推薦を求め、それがあってようやく重い腰を
上げた。正に官僚そのものという対応である。自分の
意思ではなく他から推戴され出馬するという、古き日本
の指導者のあるべき姿をなぞっている。

官僚的なうさんくささを感じるのは私だけではあるまい。

鳥越氏は野党統一候補として立候補した過程、知名
頼りの選挙戦術を見てもタレント候補そのものであ
る。
政策面での具体性には乏しく、知名度を活かしボロを
出さないという戦略に終始している。
そもそも政策の全く異なる野党共闘という馬に乗り、具
体的な政策など遂行できるはずもない。

東京のような伏魔殿というべき巨大な官僚組織に切り
込むことができるとすれば、候補者の中ではしたたか
なことで有名な政治家小池百合子しかあるまい。



はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440395199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック