にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年07月22日

公用語を英語にした楽天が衰退するのは必然

楽天が試練の時を迎えている。主力事業のインター
ネット通販サイト「楽天市場」が、アマゾンやヤフーな
ど競合他社の攻勢にさらされているのだ。力を入れて
いた海外事業でも撤退が相次いでいる。

楽天と言えば、社内公用語を英語にしたことで有名
あり、海外事業に特に力を入れてきた。しかし、国
内においても海外においてもライバル企業に水をあ
けられつつある。

楽天が公用語を英語とした時に、私はこれで楽天の
長も終わるだろうと感じたが、どうやら現実となり
つつあるらしい。

これはある意味必然的なことである。

言葉というものは単なる伝達の手段ではなく、思考
ためのツールでもある。

楽天は公用語こそ英語化したが、その社員の多くは
本語で思考し日本語でコミュニケーションをする日
本人であり、普段の思考や生活は日本語で行っている。

彼らが、重要な会議で英語で考えコミュニケーション
することを要求されるということは、彼らの能力の大
部分を占める日本語脳は活動を停止し、ごく一部を占
める英語脳だけで事業を行なうということである。

経営者や従業員が脳の一部しか使わないような事業
行って他社に勝てるはずもなく、公用語の英語化を
止めるか、従業員のほとんどを英語圏の社員にしない
限り、楽天の伸びは期待できないだろう。


はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440298286
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック