にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年06月17日

大真面目に、円高になったのはイギリスがEUを脱退するリスクが高まったから、と言う茶番

円高が進行している。円安により輸出拡大と海外観
光客のインバウンド消費をテコにデフレ脱却を狙う
安倍政権にとっては大きな誤算である。

輸出型大企業はドル相場を105円から110円程度
に設定し計画を立てているので、このまま円高が定
すれば、業績の下方修正のオンパレードで賃上
げもできなくなり再び日本はテフレに逆戻りする。

この円高の原因として、もっともらしく語られている
のがイギリスのEU脱退の国民投票である。

この混乱で安全資産である円が買われているとい
説明である。

こんなバカげた説明で納得できる神経を疑う。EUが
混乱したからといって円がドルより強くなる理由は何
ない。

しかも株は海外勢により大いに売られている。日本が
安全というのなら通貨だけでなく株も買われても不思
はない。

イギリスのEU脱退云々は口実にすぎない。日本の為
替相場や株式相場は欧米の投機資本に牛耳られて
いる。

イギリスのEU脱退という政治的事件を円買い日本株
売りという投機的プログラム取引の口実にして金儲け
を狙っているだけである。これに日本人投資家も追随
している。

結果的に日本のデフレ脱却は危機にさらされ、政府が
推奨した日本株買いに同調した投資家は損をし、政府
ごり押しに従った年金基金は含み損を膨らませてい
る。

このような投機的な動きに対しては、政府はもっと迅
速に効果的な手をうつ必要がある。

アメリカの国益より日本の国益を自由詩する姿勢が
要求それる。

このまま無為無策に終始すれば、今度の参院選は無
な与党と無能な野党の無能合戦の様相を帯びざる
を得ない。


はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際金融マフィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439084066
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック