にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年05月30日

安倍総理の消費税増税延期を支持する。

安倍総理が来年4月に予定した消費税率10%への
引き上げを平成31年10月まで再び延期することを
決断した。

日本経済と日本国民にとっては良い決断である。

民進党を初めとする野党が、増税延期はアベノミク
スの失敗だとして内閣不信任案をだすらしいが、こん
なクズのようなバカ野党の言うことは無視すればいい。

問題は麻生や谷垣を代弁者として裏に隠れ、日本経
済や国民生活がどうなろうと消費税増税を最優先す
る財務省勢力の暗躍であるが、これを抑えられるか
否かには安倍総理周辺の指導力が試される。

元々アベノミクスの失敗は前回の8%への消費税増
税の時に浜田宏一内閣官房参与に予想されていた。

2013年7月9日の私のブログには下記のように記載
していた。

””サンケイニュースにると安倍晋三首相の経済運営の
ブレーンである浜田宏一内閣官房参与は10月にも決
まる来年4月の消費税率8%への引き上げに対しては、
「極めて慎重に判断すべきだ」と語った。

足元の経済状況のまま来年4月に税率を上げれば、
「アベノミクスで上向いている景気が(増税で)一転し
て減速する」と指摘。

景気悪化で法人税や所得税が大幅に減少して「トー
タルでの歳入減になる」と述べ、「財源になる『金の卵
を産む鶏』を殺すことになる」と強く警戒した。

極めて妥当な判断であり、多くの経営者も学者も本心
では同様の危惧を抱いている。””



実際に景気悪化が発生し、アベノミクスの主目的であ
るデフレ脱却は達成されていない。

これはアベノミクスが失敗したというよりは、成果を上
げつつあったアベノミクスが消費税増税により腰折れし
た、と考える方が実態に近い。

欧州は知らないが、日本では消費税増税は景気好調時
であった初回導入時を除き、5%引上げ時、8%引上げ時
共、日本経済に致命的な悪影響を与えてきた。

今回、現在の低調な経済状況の下で安倍総理が消費税
増税を延長するのは、ごく普通の定石通りの判断である。

一方で、経済低迷時にこれ以上経済が悪化することが明
白にもかかわらず、予定通りの消費税増税をごり押ししよ
うとする麻生や谷垣等の財務省の手先は、国民を騙し、国
益より官僚利権を重視する裏切り者である。

はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438423906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック