にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年05月12日

高齢者だけに認知機能検査を課すのは年齢差別、やるなら全員に課すべし。

現代75歳以上のドライバーに対し、免許更新時に
認知症検査を課している。

さらに、警察庁は12日、特定の違反をした75歳以
上のドライバーに臨時の認知機能検査を課す改正
道路交通法の施行日を、来年3月12日とする方針
を固めた。

確かに75歳以上の高齢者に認知症が多いことは否
定できない事実ではある。

しかし、若年認知症患者も少なからず存在するのも
また事実である。

外国では更新時にこのよう検査を課している国は無く、
高齢者だけに認知症検査を課すのでは年齢差別と
言われても仕方がない。

何らかの病気に起因するとされた事故の大部分は、
現在普及期にある自動ブレーキ等の運転サポート
システムでカバーできる。

高齢者だけにこのような検査を課すよりは、運転サポ
ートシステムのついた車を義務づける方が合理的で
ある。

また、どうしても認知症検査が必要とするなら、年齢に
関係なく全世代に実施すべきである。

この国では、定年制をはじめ、年齢による差別が横行
しており、それを誰も疑問に思わない風潮が蔓延してい
る。

高齢化社会に突入した後も日本経済と社会が健全に
運営されるには、このような社会に蔓延する年齢差別
を撲滅していくことが不可欠である。




はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437796065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック