にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年04月01日

アイルランド1世紀債発行、日本も超々長期債を発行し社会福祉費用を賄うべし

アイルランド政府は30日、2116年に償還を予定する
「100年債(1世紀債)」を発行したと発表した。

ユーロ圏ではベルギーも15年に1世紀債を発売して
おり、欧州中央銀行(ECB)の金融緩和に伴う超低
利の環境を生かした長期の資金調達が進んでいる。

日本も円建固定金利の超々長期債を発行すべきであ
る。

団塊の世代が消滅する迄、約30年程度日本は高齢
の増加に伴う社会福祉負担の増加に苦しむことが
予想されている。

これに対し、政府は増税等で現役世代の負担を増加
ることで対応しようとしている。

しかし、このままの出生率と死亡率で推移すれば、現
世代が税金の重さに押しつぶされるぐらい増税して
も問題解決にはほど遠い。

むしろ、過度な増税で日本経済そのものを潰してしま
かねない。

最も有効な手段は、低金利でかつ金余りの今、超々長
期債を継続的に発行し資金を調達し、社会福祉財源と
し余剰分をプールして将来に備えることである。

経済運営を1-2%程度のインフレにすることで将来負
担を減らせるだけでなく、50年から100年計画で計画
的に人口構成を少子高齢化から変化させることで、債
券の償還はそれほど大きな負担にならない。

日本の高齢化による財政危機を解決する選択肢の
一つとして日本の財政当局は超々長期債を検討すべ
である。



はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436024175
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック