にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年03月31日

予算審議なしに官僚の裁量で特別会計を使い、秘密保護法を盾に情報を隠す官僚国家

日本という国には世界各国と比較し最も際立って異
なることがある

多くの国では民主国家であれ独裁国家であれ、政治
家が国を動かしているが、日本では官僚が国家を動
かしており、政治家といえども自由に官僚利権に切り
込むことができない。ということである。

これを支えているのが特別会計と秘密保護法である。

国会で審議する一般会計予算は96兆円程度にすぎ
ないが、予算委員会の制約を受けない特別会計は
411兆円にも達している。

国民に選ばれた政治家である国会議員は予算のわ
ずか1/5にしか関与できず、残りは実質的に官僚の
裁量に任されている。

さらに、その使い道を国会議員がチエックし制約を課
そうとしても秘密保護法がその障害となっており、実
的には官僚のやりたい放題となっている。

特定秘密保護法の運用を監視する衆参両院の情報
視審査会が30日、立法府への説明責任を十分に
果たすよう政府に求める内容の年次報告書をそれぞ
れ議長に提出した。

報告書からは、政府側が審査会の求める情報開示
に応じないケースが多く、特定秘密に当たらない事
項まで回答を拒むなど、情報提供に消極的な実態
が浮き彫りとなっている。

官僚が勝手に秘密指定ができるような秘密保護法
は官僚の独走を許す道具であり決して国民の利益
にはならず、憲法無視前例を示した安保法案と並ぶ、
日本の将来に禍根を残す安倍政治の失敗の一例で
ある。

せめて秘密指定は官僚ではなく政治家が決定し、そ
の是非について国会議員で構成する委員会が審議
できるようにしないと、国民主権の民主主義国家とい
実態が形骸化する。






はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 官僚政治からの脱却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435970279
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック