にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年03月18日

白日のもとに晒されつつある消費税増税論者の嘘

消費税増税論者はかねてより、増税しないと国債が
暴落し円が紙くず同然になると恐怖を煽り消費税増
の必要性を説いていた。

しかし、それが大嘘であることが実証されつつある。

今迄リーマンショック級の事件が起こらない限り消費
税再増税を実施すると言っていた安倍総理が景気の
足踏み状態が続いた場合には先送りする方向で検討
を始めた。

消費税再増税の可能性が減少したことになる。
消費税増税論者の主張が正しいなら、朝から国債
大幅に下落し、円も売られるはずである。しかし、予想
反しというべきか、予想通りと言うべきか、10時時点
だが国債暴落は発生せず円高が進んでいる。

消費税増税論者の主張とは真逆の動きである。

かねてより、彼らの主張は胡散臭く、政府や国民を脅
かし自分達の利権に都合の良い増税を実施しようとし
ていると思っていたが、それが正に今実証されつつあ
る。

消費税増税は国際世論や世界の経済学者や経済機関
が一致して推奨している政策でもなく、それをしなければ
日本売りが必ず発生するものでもない。

日本の官僚組織の悪いところは、愚民政策に則りバカ
な国民を騙すために尤もらしい嘘をつき、自分達に都合
の良い政策を実施しようとするところである。





はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435132642
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック