にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2016年03月09日

小笠原誠治氏のコメントへの回答 増税に関する考え方



小笠原誠治様5年前の私のブログにコメントいただき
ありがとうございます。
http://kunimatu.seesaa.net/article/434658816.html
に対するコメント参照

私は今でも消費税増税を続けるよりは高橋洋一氏の

方法の方が良いと思っています。


以下の意見に対する私の考えを述べます。

意見1.

消費税の増税に反対するのであれば、例えば法人

税を増税せよとか所得税を増税せよと言わなければ、

全然説得力がありません。


日本で増税が必要とされている主な理由は以下の二

つです。

a.現時点でGDPの2倍に達する借金があること、

b.少子高齢化に伴い社会保障負担が増加し続け財源

  が不足すること


aについては、まず借金がGDPの何倍程度なら健全
な財政のかを定める必要があります。ヨーロッパで
財政が弱いと言われるイタリアでほぼ1.5倍です。G
DPが成長しないとして日本がこのレベルに10年で達
するには、社会保障負担の増加を考慮しないとしても、
15兆円のプライマリーバランスの赤字額に加え毎年
25兆円の金返済を継続する必要がある。
これを達成するには消費税を16%以上引き上げる
必要がある。しかし、個人消費の低迷が景気の足を
大きく引っ張る日本の経済構造では増税すればGDP
の縮小を招き、期待する税収は得られず、増税による
目標達成は不可能と考えます。

bについては
少子高齢化による年金財源不足や医療費の増加は
人口構造によるものであり、これを現役世代の増税
で賄うことは、現役世代に過度の負担を負わせること
になり、現役世代が疲弊することで将来世代について
は生まれながらに大きなハンディキャップを負うことに
なり、日本の永続的な低迷に繋がりかねない。現役世
代への増税では人口構造の歪みから生じた財源不足
は解消できない。

意見2.
減税して景気が良くなれば税収が増えると思ってい
るのですか。
そう考えています。実際アベノミクスで経済成長が実
した2015年は予算より税収も増えています。(消
費税増税以外に)
しかし、税収面よりはGDP成長により借金のGDPに
対する割合が低下することの方が大きい。借金が1000
兆円のままでも名目GDPが700兆円になればイタリア
並には改善されたことになる。

で最後に私は日本の財政再建をどう考えているかというと
1.目先の税収増よりも経済成長を優先すべし。
 消費税増税等の増税が経済成長を妨げる局面では増税
 は避けるべき。経済成長を何よりも優先し借金比率縮小
 と税収増を図る。
2.増税策としては所得税の累進課税を強化する。
 アメリカに追随し経営者層の所得と一般労働者の所得
 に大きな格差が生じている。アメリカ型の格差社会に
 ならない為には累進率のアップが必要
3.特別会計を含め無駄な支出はまだまだ多い。その削減
 を徹底しプライマリーバランスを改善する必要がある。
4.社会保障関連費用の不足は人口構造に起因するもの
 であり、根本的な解決は人口構造の是正以外にない。
 当面の不足額は政府紙幣の発行又は期間50年の固定
 金利で社会保障債を発行して賄う。
 その間50年計画で人口構造の是正策を徹底する。
5.ヘッジファンド等による金利上昇や通貨変動対策と
  して専門の通貨・国債防衛機関を組織する。

日本の国家財政や年金等の社会保障財政はバブル
崩壊後の経済政策の失敗、人口の少子高齢化に対
する長年の自民党政権の無策で、既に増税レベルで
は解消できない水準に達している。

低金利・円高の現状を活用し固定金利の超長期債を
発行するか政府紙幣の発行で当面の財源不足をしの
ぎながら、50年程度かけて人口構成を改善する以外
に方法はない。50年たてば団塊の世代も団塊ジュニ
アも既になく、人口構成の改善は必ずしも不可能でき
ない。

50年固定金利債であれば1%のインフレでも返済額
を大幅に減らすことができる。マイナス金利の今少し
金利をつければ十分に消化可能と考える。もし売れな
ければ、この債券については相続税対象外とでもすれ
ばいい。







はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 10:53 | Comment(6) | TrackBack(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドクター国松様

ご意見を示して頂き、ありがとうございます。
でも、次のようなケースを考えてみて下さい。
家計部門が200兆円の消費をし、それに5%の消費税がかかっていた状態から、8%へ消費税を引き上げ、その結果、消費税が10兆円から16兆円に増えたとします。(現実の状況はこれに近いと思います)
では、消費税を上げないままで、消費税収入を16兆円に増やすには、幾ら国民に消費してもらう必要があるかと言えば、320兆円も消費してもらわなければならないのです。そんなことできる訳ないでしょう?
だから、増税は、確かに貧しい人を苦しめるかもしれないが、まだよほど現実的なのです。
Posted by seiji at 2016年03月09日 16:07
小笠原誠治様、おっしゃる通り、同じ額の税収を直接消費税で得るのと国民の消費を増やし(GDPを増加させると言い換えます。)税収を増やすのどちらが簡単かと言うと、消費税増税の方が簡単です。

しかし、それは税収増10兆円程度までの話だと思います。500兆円のGDPを成長させずに、40兆円以上の税収を増税だけで得るのは不可能だと考えています。

つまり、日本の問題を解決するにはGDPの拡大が絶対に必要です。急がば回れと言うとおり、直接的な増税による税収増を急ぎ成長の芽を摘むより、まずGDPを拡大させる方に全力をつくすべきというのが私の考えです。
Posted by ドクター国松 at 2016年03月10日 13:42
ドクター国松様
GDPを拡大させる方向に全力を尽くすべきだという考えはよく分かりますが、しかし、過去20年間以上、その方針でやってきて、どうにもなっていないというのが現実ではありませんか。それに、増税反対なら、小さな政府を目指すべきであると思うのですが…そうなると弱者切り捨てになるから反対されるのでしょう?
Posted by seiji at 2016年03月11日 11:21
小笠原誠治様

過去20年間日本のGDPが成長しなかったのはアクセルとブレーキを同時に踏み、円高を放置した日本政府の政策失敗によるものと考えています。

1994年から2014年の20年間で日本の名目GDPは0.2%マイナスですが、この間に米国は137%増、ドイツは59%増、イタリアでも83%増加しています。日本の問題がGDPの停滞に起因することは明らかです。
また、如何にバブル崩壊後のダメージが大きかったとしても世界で一人日本だけが20年間も成長できなかったのは政策が間違っていたからにほかなりません。

勿論私は弱者切り捨てには反対です。定年になり職を失えば生活の目途がたたないような国家に未来はありません。
Posted by ドクター国松 at 2016年03月11日 13:02
政策が間違っていたというのは当たっているかも知れませんが…しかし、ドイツなどは日本よりも税金が高いのに成長しているのです。
ビッグ3が破綻したとき、ビッグ3の従業員の言い分を聞いて、多くの日本人は、なんて甘えたことを、と思ったでしょ? 途上国の人間からしたら、今の日本人が消費税の引き上げを受け入れられないと言っているのは、同じように見えると思うのです。
Posted by seiji at 2016年03月12日 21:24
小笠原様

本気で消費税率を引き上げても日本が成長軌道にのると考えていますか、私は今の成長できない日本が次に消費税を引き上げれば日本経済は再び停滞すると考えています。

この件については合意に達することはなさそうですね。

このあたりで議論を打ち切りましょう。
Posted by ドクター国松 at 2016年03月13日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434733410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック