にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2013年01月16日

教師の暴力が表面化したことで、部活動を無期限停止にするということは、生徒や父兄に対し事を荒立てるとこうなるという脅しか

大阪市教委は15日、顧問による体罰問題を受け、桜宮高の
バスケットボール部とバレーボール部について、無期限の活
動停止にした。今後、両部顧問の解任による指導体制の刷新
も視野に、再発防止体制を検討し、廃部か活動再開かを判断
する。


おかしな理屈である。悪いのは顧問教師の暴力であり、生徒に
は罪はない。

しかし、これでは最大の被害者は生徒である。市教委は生徒や
父兄に対し。ことを荒立てるとこうなるぞと脅迫しているとしか
思えない。

これでは、今後暴力事件があったも、生徒も父兄もこれを告発
できなくなったしまう。

橋下市長が体育学科等への入試を中止するのは、まあ理解で
きる。というのはクラブ所属が絶対条件であるこれらの学部が
教育的見地から妥当か否かは再検討する必要があるからであ
る。

一方、現在の在学生については、教師の不法行為で不利益を
被らなければならない理由は何一つないし、教師の暴力事件
の調査をするのに、クラブ活動を停止する必然性も無い。

市教委の事なかれ主義と隠ぺい体質は、このような罰則を強制
することで今後問題が表面化することを妨害する意図があると
しか思えない。

教育委員会という組織は百害あって一利も無いことは今回の
事件発生以前以後の対応で明確である。

安倍政権や維新の会は協力し一刻も早く教育委員会制度を廃止
すべきである。


はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 国民教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/313730433
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

橋下市長、桜宮高体育科入試の中止を要請 ゴールデン・グローブ賞:作品賞に「アルゴ」
Excerpt: 昨日、思惑渦巻く 金融、証券市場が アベノミクスを利用 しているようなことを 書きましたが。 http://sansirohike.blog.fc2.com/blog-entry-224..
Weblog: 自分なりの判断のご紹介
Tracked: 2013-01-16 17:06