にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ
最初のページはこちらです。

2011年04月15日

日銀の正論が全てで、日本経済や国民がどうなろうと知ったことじゃないという、白川日銀総裁の姿勢

読売オンラインの記事によると
日銀の白川総裁は14日のニューヨークでの講演で、東日本
大震災の復興財源として震災復興国債を発行し、日銀が引
き受ける案について、「円に対する信頼も弱める恐れがある」
と述べ、否定的な考えを示した。


さらに白川総裁は、震災後の国債の入札発行が順調に消化
されている点を挙げ、「非常に安定した国債市場を損なう理由
はない」との認識を示した。

また、震災による部品不足で、世界的に自動車や電機など生
産に影響が出ている問題については、「一時的に調達先が海
外の競合相手に移るが、高品質の製品を提供できる日本企業
は必ず復活する」と述べ、世界経済への影響も限定的との認識
を示した。

復興が遅れ、海外に市場を奪われれば、日本企業が復活できる
か否かは不透明であり、そう断言するのは国債の日銀引受を
したくないため無理やりそう思い込んでいるにすぎず何の根拠も
ない。

日銀内部のルールを外部の圧力で変えたくない、というのが全て
である。国債の日銀引受をしないことによる日本経済や国民生活
への悪影響には目をつぶり、国債の日銀引受の副作用のみを
強調している。

日銀あって国家や国民が眼中に無い姿勢がこの発言によくあら
われている。

日本の官僚組織は全てこうである。

日本が本当に復興するには、橋下徹のような強力な指導者を
国家の頂点に据え、強大な権力を与えて、官僚組織を一旦
全て破壊する以外にないのかもしれない。


はげみになりますので、クリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
posted by ドクター国松 at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 官僚政治からの脱却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195965126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

震災を利用して政局に持ち込め
Excerpt:  東日本大震災が起こって1か月以上。だが、民主党政権は何もやろうとはしていない。特にひどいのは復興構想会議。その議長の五百旗頭という男は反日として知られている。愛国夕刊紙の夕刊フジには過去の悪..
Weblog: 愛国を考えるブログ
Tracked: 2011-04-16 05:55